デリケートゾーンは手作りワックスで!作り方レシピも。

ファイターさん、38歳の
デリケートゾーンムダ毛処理方法紹介

私のデリケートゾーンの脱毛方法は、手作りワックスです。

これは以前海外にいたときに、現地の友人から教わりました。
デリケートゾーンも綺麗に処理をするのが当たり前の国々が意外と多いのですが、その友人もそういった国の出身。
脱毛関連は、手作りワックスで行うことが多いそうです。

そのワックスの作り方は、砂糖、レモン果汁、オリーブオイル、水を混ぜたものをなべでぐつぐつ沸騰させます。
そしてあめ色になって、ねばねばとしたところで火をとめ、しばらく冷まします。
そして、手で扱えるやわらかさになった時点で、手の中でしばらく練りこむのです。
そうすると、耳たぶのような柔らかさになります。べたつきは多少ありますが気にせずに。

そして、そのワックスを脱毛したい部分にぺったりと貼り(毛となじませるように)べりっと思い切ってはがすのです。
これが面白いくらい毛が抜けます。
脱毛をしたことがない部分は痛いのですが、なれてくると、楽しくなってきます。

このワックスの中に毛が混ざっている状態ですので、使っていない部分を繰り返し使いながら脱毛していきます。
毛がけっこう抜けて、ワックスの中に入ってくると、粘着力が弱まりますので、新しいものを使います。
この方法にて、デリケートゾーンの脱毛をしています。
オリーブオイルも入っているので、肌の乾燥も防ぐとか。

本来は、これは他の国では市販のものが売られていたりするのですが、日本だとなかなかないし、手作りのほうがコスト的にも安いです。
手間はかかりますが、確実に脱毛ができ、生えてくるのも遅いため、なかなか便利な方法です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ